毎月第3土曜日には日本矯正歯科学会認定医が矯正治療を担当

診療時間:午前9時30分から13時、午後14時から18時30分

休診日:木曜・日曜・祝日
※祝日がある週の木曜は診療

名古屋市名東区藤森2-236
  • ご予約・お問い合わせ
    052-799-8148
  • 24時間受付中:WEB予約
  • メールで気軽に:お問い合わせ
矯正歯科
medical
正しく美しい歯並びで
ココロもカラダも健やかに
歯並びや噛み合わせを整える矯正歯科は、審美性の向上はもちろん、
虫歯や歯周病のリスクが低下して歯が長持ちしたり、
しっかり噛めるようになり心身の正常な発育などにも繋がる治療です。
毎月第3土曜日には日本矯正歯科学会 認定医が来院し、
患者さまに適切な矯正プランをご提案いたします。

歯並びのお悩みは
ありませんか?

  • デコボコ
    している

  • 受け口が
    気になる

  • すきっ歯を
    治したい

  • 出っ歯で
    悩んでいる

  • 口が
    閉まらない

  • 咬み合わせ
    が深い

院長による矯正歯科
無料相談のご案内

*

どんな治療をどれぐらいの期間行うのか、そもそも矯正治療が必要な状態なのか、ご自身やお子さまの歯並びや矯正治療についてお悩みではありませんか?
名古屋市名東区本郷駅の歯医者 しの歯科では、矯正歯科への不安を解決するお手伝いをいたします。矯正治療に対する不安や疑問、矯正費用や期間についてなど、ご不明な点は何でもお聞きください。相談を受けたからといって無理に治療をすすめることはありませんので、お気軽にご相談ください。

  • ご予約・お問い合わせ
    052-799-8148
  • 24時間受付中:WEB予約
  • メールで気軽に:お問い合わせ
院長による
相談無料(40分)
無料
認定医による
相談(40分)
2,200円
検査(40分) 33,000円
診断結果の
説明(40分)
22,000円

*価格は全て税込み

毎月第3土曜日には
日本矯正歯科学会認定医が来院し、
矯正治療を行います

悪い歯並びが及ぼす
様々な影響

  • 歯への影響
    歯みがきがしっかりと行えないので
    虫歯リスクが高くなる
    歯と歯の間がデコボコな不揃いな歯並びは、しっかりと歯みがきをしたつもりでも細かい部分まで歯ブラシが行き届かず汚れが溜まりやすい状態が続きます。そのため口腔状態が常に不衛生で虫歯や歯周病リスクが高く、治療をしても再発しやすい危険性があります。
    歯科治療の効率を下げる原因になる
    歯並びや噛み合わせの状態によっては、矯正治療以外の一般的な歯科治療の治療効率が下がります。治療期間や回数が長くなることで歯や体に負担がかかるだけでなく、治療費用もかさんでしまいます。
  • 身体への影響
    あごの関節や消化器官への負担が
    増加
    歯並びによっては食べ物がうまく噛み切れず、あごの関節や消化器官へ大きく負担をかけてしまいます。また噛み合わせのバランスが崩れることで、顔の歪みや肩こり、頭痛を引き起こすことも。一見関係ないような症状も歯並びの悪さが引き起こしていることが考えられます。
    子どもの発育・発達の遅れの原因になる
    成長期に歯並びが悪いと、お口の筋肉や顎の成長に支障をきたすことがあります。また、咀嚼機能(噛むこと)の不良により、体全体の成長・発育を阻害する恐れもあります。
  • 心への影響
    発音・発語が不明瞭で会話がスムーズに
    いかない
    歯並びの状態によっては歯の隙間から空気が漏れたり舌使いに不具合が生じて発音・発語に影響を及ぼすことがあります。会話がうまくできないストレスを抱えて、他人とコミュニケーションを取ることを控えるようになったり人前で話すのが億劫になります。
    見た目のコンプレックスから精神的な
    ストレスに
    歯並びや顔のゆがみを気にして口を大きく開けて笑うなどの歯並びが目立つ表情を避けるようになり、精神的に大きな負担がかかってしまうことがあります。

子どもの矯正歯科

*
初期治療(第一期)と本格治療
(第二期)
第一期では、あごの成長を促進・抑制したり歯列の幅を広げることで永久歯が生えてくる土台を整えていきます。取り外しができる装置の利用で負担も軽減でき、ほとんど痛みもなく抜歯の必要もありません。
永久歯の生え揃った頃に開始する第二期では、全体の噛み合わせを改善して歯を一本一本整えていきます。名東区本郷駅の歯医者 しの歯科では、お子さまのお口の中の状態を確認した後に適切な治療プランをご提案し、ご理解・ご納得いただいた上で治療に取り掛かります。
  • 第一期矯正治療
    5才〜12才頃

    乳歯と永久歯が混在している「混合歯列期」に行う治療です。
    成長の段階に合わせて歯列の幅を広げたり、あごの成長を促進・抑制したりと土台から整えていくことを目的としています。取り外し可能な装置を使うため、負担や痛みもほとんどありません。

  • 第二期矯正治療
    12才頃〜成人

    第一臼歯が永久歯に生え変わり、全ての永久歯が生え揃う頃に開始する治療です。生え揃った永久歯を移動させて歯列を整える治療で、基本的には大人と同じ治療方法になります。一期治療で土台を整えた後、二期治療に進むことで、比較的短い期間で歯並びの改善が見込まれます。

小児矯正治療で使用する主な装置

  • *
    拡大床
    上あごを広げて永久歯が正常な位置に生えるように誘導することができる床矯正治療装置です。中央のネジを少しずつ決められた回数だけ回してあごを広げていきます。
    歯を無理やり動かすこともないため痛みも少なく、取り外し可能な装置なのでお子さまの負担が軽減できます。
    あごの状態により、歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールドやT4Kシステム)、ワイヤー矯正など他の治療法と併用する場合もあります。

大人の矯正歯科

*
矯正治療は大人になってからでも
始められます
子どもはあごの成長を利用でき、治療期間や費用を抑えられるなどのメリットも多いため、矯正歯科は子どもが受けるものというイメージがあるかもしれませんが、大人になってからでも遅くはありません。大人になってからの矯正歯科は目的意識をしっかりと持って治療を進められるので効果的な治療を行うことができます。
長年のコンプレックスが解消でき、顎関節や歯周組織への負担が減って心身の健康状態が向上したという方もたくさんいらっしゃいます。
キレイな歯並びでこれからの人生をより輝かせるために、第一歩を踏み出しましょう。

成人矯正治療で使用する主な装置

  • *
    マウスピース型矯正装置
    (インビザライン)
    透明の「アライナー」と呼ばれるマウスピース型装置を使用します。装着していても透明で目立たないため、見た目にストレスを感じさせません。また、取り外しが可能なため、いつも通りのお口のお手入れができ、口腔内を健康な状態に保つことができます。
    歯並びの段階に分けたアライナーを1~2週間毎に交換し、0.2mm程度ずつ歯を動かすことで、過度な負担をかけることなく理想の歯並びに整えていきます。
    ※マウスピースの材料は厚生労働省に認可を得たものを使用していますが、インビザラインは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
  • *
    ワイヤー矯正
    一般的によく知られている矯正治療で、歯のひとつひとつにブラケットと呼ばれる留め具を装着し、そこにワイヤーを通して歯を物理的に動かして歯並びを整えていきます。
    治療できる症状の適応範囲が広く、マウスピース型矯正装置では難しい症例でも治療が可能です。歯に直接装置をつけて大きな力を加えて移動させることができるため、治療の効果が出やすいといったメリットがあります。