Tag Archives: #しの歯科

酸蝕症②の特徴・原因・対策 歯について悩んだら東山線本郷駅のしの歯科へ

皆様多数のネット予約ありがとうございます!

引き続き 検診はしの歯科へ 10月26日オープン

https://www.genifix.jp/shino-shika-caa

40分枠のため ネットからの予約は
午前は 9:30 10:10 10:50 11:30 12:10
午後は14:50 15:30 16:10 16:50 17:30

から予約していただけると助かります。初診の最終受付は17:30となります。

 

日のブログで『酸蝕症』についてお話させて頂きましたが、今回は『酸蝕症』についてちょこっと真面目に詳しくお話させて頂きます。

『酸蝕症』とは酸によって歯が溶けてしまう症状であると前回お伝えしました。

今回は『蝕症』の主な症状、因、策をお話したいと思います。

最初に症状についてお話させて頂きます。

酸蝕症になると次の様な特徴が見られます。

  1. 覚過敏を起こして冷たいものがしみる

  2. 歯全体がみを帯びる。

  3. エナメル質がって見えたり、内部の象牙質がけて見えたりする。

  4. 前歯の表面がすべすべしてがある。

  5. 前歯の先端部分が透けており、ヒビが入ったり、けたり、ざらついたりする。

  6. 酸蝕により奥歯のすりへりが加速し、深いやへこみが見られる。

などがあります。

 

奥歯に金属の詰め物がある場合は周りの歯がけてしまい詰め物が外れやすくなる可能性も出てきてしまいます。

 

次に原因についてお話させて頂きます。

原因は大きく分けてつあります。

①体内から口の中に酸が出てくることによる因性のもの

②酸性食品が原因となる因性のもの

 

内因性のものでは

  • 胃食道逆流症(GERD)

  • アルコール依存症

  • 摂食障害(拒食症  過食症  嘔吐反芻癖)、つわりなどによる頻繁な嘔吐

などがあります。

胃酸(pH1~1.5)口の中逆流することによって歯が溶けやすくなります。

 

外因性のものでは

  • 性のプリメントや剤の剰摂取(ビタミン剤  アスピリンなど)

  • ーラなどの性食品の繁な摂取、だらだら飲み

などがあります。

 

その他にも、塩酸や硫酸、硝酸など酸性のガスが発生するで働く方、インの試飲をされるワインテスターの方にも見られます。

 

原因が分かったところで、

最後は皆さんが気になる対策についてお話させて頂きます。

対策

①酸性の飲食物を摂取した後はおでお口をゆすぐ。

②酸性飲食物をだらだら食べたり飲んだりしない

③寝る前には酸性の飲食物の摂取をえる。

就寝中は唾液の分泌が少なくなり、口の中のpHが中性に戻りにくくなります。

特にイビキをかきやすい方はお口が渇きやすいので要注意です。

酸性の飲食物を多量に摂取した直後には歯磨きをしない。

意外かもしれませんが、酸性の飲食物を多量に摂取した直後は
エナメル質が軟らかくなっているため、30分程度あけたり、お口をゆすいだりしてから磨くとよいです。
30分の間に無糖のガムを噛むことにより唾液を出してお口の中のpHを中性に戻すのもよいですね。

このような対策がおすすめです。

 

酸蝕症は内因性のもの、外因性のもの、どちらもすぐに改善することが難しいものも多いです。

 

完全に排除出来ないからといって、無理だと諦めず、出来る事から少しづつ、上手く付き合って行けると良いですね!

 

インスタ https://www.instagram.com/shino.dental

Facebook https://www.facebook.com/shino.dental.nagoya

名古屋市藤森2丁目236 本郷駅より徒歩4分 しの歯科へご相談ください!

むし歯じゃないのに歯が溶ける!?酸蝕症にご注意を!

ット予約が取れるようになりました!しの歯科 検診へ

https://www.genifix.jp/shino-shika-caa

40分枠のため ネットからの予約は
午前は 9:30 10:10 10:50 11:30 12:10
午後は14:50 15:30 16:10 16:50 17:30

から予約していただけると助かります。初診の最終受付は17:30となります。

 

年も本格的な夏がやって参りました。

仕事終わりの冷たいビール、スポーツでの水分補給の定番スポーツドリンク

渇いた身体に染み渡りますね。

でも皆さんはご存知でしょうか?

褒美でのビール、水分補給でのスポーツドリンクが大切な歯を溶かしているのです。

 

歯が溶けると聞くと、ほとんどの方は『むし歯』を想像すると思います。

 

むし歯(う蝕症)』はむし歯菌(ミュータンス連鎖球菌とラクトバチラス)がなどから作ったによって硬組織(エナメル質などの硬い組織)を溶かしてしまう病気です。

 

スポーツドリンクにはお砂糖などの甘味料が含まれているので、スポーツドリンクでこまめに水分補給というのはむし歯のリスクを高めるので注意が必要です。

 

しかし、今回注目して頂きたいのは、お砂糖ではなく、飲み物の「酸性度」です。

 

皆さんはこんなをご覧になられたことはあるでしょうか?

 

これは飲み物や食べ物の酸性度を表したものです。

 

食べた時に酸っぱいと感じるものはもちろんのこと、意外な物も酸性度が低い事が分かります。

 

この酸性度が低いと歯の様な硬い組織でも溶けてしまうのです。

 

酸によって歯が溶ける、これが『酸蝕症』なのです。

 

し歯(う蝕症)』との大きな違いは細菌が関係しない点ですね。

 

歯は想像以上に酸に弱く、「pH5.5」より低くなるとエナメル質溶け始めます。

を見るとお分かり頂ける様に、ビールもスポーツドリンクもpHは5.5よりも低く歯を溶かしてしまうのです。

 

これを頻繁に接種するとどんどん『酸蝕症』が進んでしまいます。

 

全て禁止するのではなく、

  1. ールであれば、ご褒美として日にちを限る

  2. スポーツドリンクなどを摂取したらお水でうがいをする

  3. スポーツドリンクを薄める

等、上手に工夫しながら生活に取り入れてみて下さい。

建物が建ってきました!お近くの方は 10月からは しの歯科へ

インスタやフェイスブックのフォローも宜しくお願いします。

インスタ https://www.instagram.com/shino.dental

Facebook https://www.facebook.com/shino.dental.nagoya

名古屋市藤森2丁目236 本郷駅より徒歩4分 しの歯科へご相談ください!

虫歯にはなぜなるの?対策はどうしたらいいの?

こんにちは!の歯科 篠原です!
9月に開業予定で準備を進めておりましたが、工期の遅れより10月に開業と変更になりました。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
早く皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

さて今日は虫歯について!

歯の原因

むし歯は「細菌(ミュータンス菌)」「歯の質」「糖質(特に砂糖)」の3つの要素が重なったとき、時間の経過とともに発生します。3つの要素のうち、1つの要素だけでむし歯が発生することはありません。
歯磨きを忘れたり、磨き残しや間食が多いと、お口の中は酸性に傾いたままの状態なるので、そのまま時間がたつと虫歯になるリスクが高まります。

食事・間食と虫歯の関係

食事や間食をとると、ミュータンス菌は食べ物に含まれる糖質を分解し酸をつくります。

するとプラークは酸性に傾きます。

歯のエナメル質はpH5.5(臨界pH)以下になると成分が溶け出し、むし歯になりやすい状態になります。しかし、唾液のはたらきによって、30~60分かけて元の状態に戻りますが、食事や間食をとるたびに歯の表面は酸にさらされてしまいます。

歯予防のポイント

こどものころは、乳歯の萌出から永久歯の生えかわりなど年齢によって口のなかの状態が大きく変化する時期にあるので注意が必要です。「生えかわるからいいや」ではなく、同じ口の中のため他の永久歯にも影響してしまいます。

こどものむし歯予防には、成長に応じたハミガキフッ素の利用食生活習慣に注意してむし歯を予防しましょう!

 

シリトールとは

糖アルコールの一種で天然の代用甘味料です

WHO( 世界保健機構 )にも認められていてとても安全な甘味料といえます。

甘味料で、糖度は砂糖と変わらないのに虫歯予防の効果があると言われています

それはなぜでしょう?

砂糖の場合、糖をミュータンス菌(虫歯菌)が分解し発酵させて酸を作りその酸によって歯が溶かされて虫歯になってしまいます。

一方でキシリトールの場合は、ミュータンス菌によって発酵せず、酸が発生しません。さらにミュータンス菌は菌体内にキシリトールを取り込むことでエネルギーを消耗して活性が弱まり、長期的にキシリトールを使用することでミュータンス菌の繁殖が弱まって砂糖からも酸を生産できなくなります。

さらに私たちの口の中では毎日、食事などにより発生した酸を唾液の働きによって中和し、溶けたエナメル質を元の健康な状態に戻す 再石灰化 という現象が起こっています。

しかし酸の発生する量と回数が増えると再石灰化が追いつかずに虫歯になってしまうのです。
( 唾液の働きは人によって様々で分泌がよい人や酸を中和する能力の高い人もいれば、そうでない人もいます)

しかし、キシリトールは唾液の分泌を刺激し中和を促進させます。そして唾液中のカルシウムがエナメル質と結び付く再石灰化を活発にするのです。

ここまでキシリトールが虫歯予防に効果があると説明してきましたが、摂取すれば虫歯が治るわけでも、ならないわけでもありません

まとめ

一番大切なの毎日のブラッシング食習慣などです。

これらをしっかりと行った上で、効果的に摂取して健康な歯を手に入れましょう!

 

 

インスタやフェイスブックのフォローも宜しくお願いします。

インスタ https://www.instagram.com/shino.dental

Facebook https://www.facebook.com/shino.dental.nagoya

名古屋市藤森2丁目236 本郷駅より徒歩4分 しの歯科へご相談ください!